はじめに

ルート営業の教科書とは

にっしー
こんにちは、にっしーです。ルート営業の教科書について説明します。
 

ルート営業の教科書では、主に下記のような営業マンを対象として記事を書いていきます。

・口下手

・大人しい

・気弱

・引っ込み思案

・内気

・コミュニケーション能力に自信がない

そもそも、こういった性格の人は営業マンにならないだろと言うツッコミがあるかもしれませんが、実際はそうではありません。

文系大学生で特に希望の職種がない場合、行き着くのは大抵の場合、営業職です。

金融でも商社でも卸し問屋でもメーカーでもどこでもそうですが、男性が総合職として入社した場合は営業からスタートします。

そのため、一般的には営業に向かないという人でも、営業を仕事にしている人は多いのです。

 

私も例にもれず、内向的な性格なのに営業になった一人です。

就職活動では自分をうまくPRできずにとても苦労しました。私が就職活動をした時期は団塊の世代が定年退職する頃で、かなりの売り手市場でした。

そのため、周りの友達は4月、5月に就職先を決めていく中、私は夏ころまで就職活動を行っていました。

今振り返ってみると、確かにこんな学生いらないなと思います。

私は最近転職をしましたが、面接まで行けば正直落ちる気は全くしませんでした。

それは営業の経験で、面接ではどのように何を話せばいいかわかっていたからです。実際に受けたのは3社でしたが、3社ともから内定をいただきました。

かなりの内向的性格だった私でも変わることができたので、みなさんもきっと変わることができます。

どうやって変わっていたかという経験を踏まえながら、みなさんがトップ営業マンになれるようにコツをお伝えしていくために、このホームページを作成しました。

どんな人がルート営業に向いてるの?

それでは、どんな人がルート営業(ルートセールス)に向いているのでしょうか?

エリ子
きっと営業というくらいだから、積極的で押しが強い人が向いているんじゃないかしら
にっしー
一般的なイメージだとそうだよね。でも、私は内向的な人ほどルート営業に向いていると思っているんだ。

内向的な人ほどルート営業(ルートセールス)に向いている

私はそう思っています。

積極的で押しが強くて、自社の製品を何とか買ってもらおうとするのが一般的な営業のイメージだと思います。ただ、そのイメージは飛び込み営業をする営業マンの話です。

飛び込み営業をするには短時間で相手に情報を伝えてこちらの魅力をPRしなくてはなりません。そのため、積極的で押しが強くないとダメなんです。

逆にルート営業(ルートセールス)は、決まったお客さんが対象のため、仲良くなる時間はたくさんあります。

この人はどのような性格の人かと見極めて、するするっと入り込むのがルート営業です。

そのため、積極的に入り込む人よりも、様子を見て相手を観察して取り入るタイプの人のほうがルート営業には向いています。

どうですか?

あなたはどちらかというと相手のことを観察してから入り込むタイプではないでしょうか?

そのような人でしたら必ずトップ営業マンになれます。

ルート営業に大切なこととは

ルート営業(ルートセールス)に大切な事とはなんでしょう?

私は下記の3つだと思っています。

これが出来ていれば必ずほとんどのお客さんから信頼を得られ、仲良くなれるはずです。

①誠実さ

②顧客目線

③柔軟さ

たったこれだけです。基本的なことでしょう?

でも、この基本的なことさえ出来ていない営業マンがほとんどです。

特に誠実さが大事です。

短期的な付き合いの飛び込み営業とは違い、あなたはルート営業をしているんです。

長い付き合いをする人に誠実さが無かったら、あなたから商品を買おうと思いますか?

相手にこの人は誠実だと思ってもらうのはとても難しいことですが、

これにもコツがあります。

この辺りは後々お話していきたいと思います。

現段階では、この3つが大事なんだという事を頭に入れておいてください。

さいごに

このホームページに来たという事は、あなたはルート営業について何か悩みを持っているはずです。

私も自分のやり方を確立できていないうちはとても悩んでいました。

お客さんと思うように仲良くなれない、売上が上がらない、商品説明が下手など悩みは様々です。

しっかりと方向性をもって仕事に取り組んでいけば、必ずその悩みは無くなります。

逆に、これまでの仕事環境に慣れて漫然と毎日を過ごしているようでは、ルート営業の技術は上達しません。

ルート営業を何年か経験して何となく仕事をこなせる様になったけど、いまいち売り上げは上がってこない。

それに毎日お客さんに怒られるとか辛いことも多いという人は多いのではないでしょうか。

つらい思いを抱えて仕事をするよりも、頑張って悩みを解決していきましょう。

「ルート営業の教科書」は必ずあなたの助けになるはずです。